--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

09.28
Sat
IMG_5722.jpg


奈良に来て半年が経ちました。職業訓練生の寮としてお世話になった’あすなろマンション’でのお料理も、残すところあと一日。
小さなアパートのキッチンで、
道端の葉っぱをよく創造したなぁ。。。


半年を思い返してみて。


田舎暮らしは日々なかなか追われている。
農作業は待ってはくれないし、お米は精米するところから、お野菜は畑で採るところから。
泥を落とし、選別をし。

食べるということが、全てルーツから始まる。
一つ一つが手作業になる。

手作業で作られた食べ物には心がこもる。
エネルギーが入る。

頂く
という言葉の奥にある感謝を日々ダイレクトに感じる。
感謝で満る。
そしてそれが、明日への笑顔になる。


一つの自然の摂理を理解するためには、どの工程を欠いても駄目なのかもしれません。日々追われたスローライフだからこそ、自然は生き物の自然な生き方をじわじわ教えてくれるのでしょう。



《自然薯/ヤマノイモ》

場所:本州、四国、九州の山野の林地

採取時期:10-11月

薬用部:根

調整方法:天日乾燥・生のまま使用
塗布/根をすりおろして患部に塗る(火傷、ヒビ、しもやけ)ただし、アレルギー体質の人には不向きである。生食しても薬効が得られる。
ヤマノイモは【新農本草経】によれば、虚弱体質を補って早死しない。胃腸の調子をよくし厚さ、寒さにも耐え、耳、目もよくし、長寿を保つことができるとある。昔から強精、強壮剤として親しまれてきた。

薬用効果:滋養強壮、下痢止め、火傷、しもやけ、去たん、咳止め、夜尿

食べ方:春、若芽を摘み、生で天ぷら、ゆでてお浸し、和物にする。秋、むかごを採り塩ゆでや炒め物にする。秋から冬にかけて芋を掘る。

★むかご(零余子)とは植物の栄養繁殖器官のひとつ。主として地上部に生じるものをいい、葉腋や花序に形成され、離脱後に新たな植物体となる。
食材として単に「むかご」と呼ぶ場合、一般にはヤマノイモ・ナガイモなど山芋類のむかごを指す。灰色で球形から楕円形、表面に少数の突起があり、葉腋につく。塩ゆでする、煎る、米と一緒に炊き込むなどの調理法がある。また零余子飯(むかごめし)は晩秋・生活の季語である。


《むかごのキーマカレー》

(★★★★★/よもぎの草餅を5つ星とする)

むかご
大豆ミート(本来は挽肉)
玉ねぎ
トマト
生姜
にんにく
赤唐辛子


クミン
カルダモン
ターメリック
コリアンダーパウダー
カイエンペッパー
ガラムマサラ

胡椒


やわい土の香りのするむかごを食べると、この味は春ではなく秋の味覚なのだということを実感します。
’むかご’は秋の季語であると~
ご先祖様と同じ感覚が持てたことを嬉しく思い。

シンプルに塩ゆでして、お酒のあてにもしたいねぇ。。。。。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://yasouseikatsu.blog.fc2.com/tb.php/50-13458aa2
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。