--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

06.12
Wed
IMG_1971.jpg


先日お友達が採ってきてくれた大量の桑の実。

枝取りを半分終え、ジャム第一弾をこさえたところで、
残りはカビを生やしてしまいました。。。。

やはり、野草の命は早い。
採ったその日に調理すること。

これ、野草料理の鉄則であり、
本来は、他のお野菜もそうであることが、生き物のの命を一番輝かせて食べる食べ方なのだと思います。


名前:


場所:
山野に自生、栽培、日本全土

採取時期:
葉/4-5月
根/5-6月
実/7月頃

薬用効果:
顔がむくんだ時の利尿薬や緩下薬として用いられる。

消炎、利尿、咳止め、浄血、鎮痛、高血圧症、動脈硬化症、ぜんそく、肥満防止、便秘、滋養強壮、疲労回復、火傷、関節痛、脱毛防止。

使用方法:
根皮と葉は天日乾燥する。果実は生のまま使用する
煎法/根皮5-10gをコップ3杯の水で煎じ、一日3回にわけて服用(消炎、利尿、咳止めなどに)

茶材/乾燥した若葉を細かく刻み、急須に入れて熱湯を注ぎ、お茶代わりに飲む(高血圧症の予防、動脈硬化症、便秘、補血、強壮、咳止めなど)

薬用酒/桑の実酒(熱した果実)-強壮、疲労回復、浄血、動脈硬化予防
    ヤマグワ酒(根皮)-高血圧予防、疲労回復

塗布/乾燥した葉を粉末にして、ごま油で塗って幹部に塗る。(熱湯火傷)


食べ方:
果実を生食しても薬効がある。若葉を摘み、ゆでてから調理する。


*マルべりージャム(桑の実ジャム)*
★★★★★(よもぎの草餅を5ツ星とする)

桑の実
レモン
てんさい糖(お好きな砂糖)



お友達が焼いてくれたスコーンと、
自然に生きた桑の実ジャムと、
今が旬のぐみの実と、
好きなスパイスを入れた豆乳番茶イ。


なんだかヨギーな朝食なので、
ヨガマットの上で食べてみた。

朝の草むらで、誰かと食べたかったな~
ヨガしながら。。。。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://yasouseikatsu.blog.fc2.com/tb.php/35-bbae3fd1
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。