--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

06.24
Mon
IMG_2549.jpg


野草料理で天ぷらは最終手段。

だから逃げ道みたいであんまりやりたくないのですが、

今日はうどを収穫してしまったのです。


うどの天ぷらは、そんなこと言ってられす、美味しいのです。


うど

IMG_0015.jpg


場所:
日本全土の日当たりの良い多湿な山野、丘陵

採取時期:
根-春と秋
茎-5-7月

薬用部:
根茎(全草)

調整法:
根茎を洗って輪切りにし天日乾燥

薬用効果:
強壮、神経痛、めまい、歯痛、リューマチ、痔、精神安定、中風、解熱、発汗、風邪

使用法:
天日乾燥した根茎を使用。
煎法/乾燥した根茎5-10gを、コップ2杯の水で煎じ、一日3回に分けて服用(頭痛、かぜ、リューマチ、中風、神経痛など)
グリーンジュース/生の茎や根をすり、絞り汁を1回30ccほどを、一日3回服用。(精神分裂症に)
浴湯料/乾燥したは茎を袋に入れて浴槽に入れる。(痔に)

生食/山菜として食べても同じ薬効が得られる。

食べ方:
春、若芽を見つけたら茎の根元深くカマやナイフを突き刺し、切り取る。柔らかくて美味しいのは、茎の長さが30cm前後まで。

生でみそ、マヨネーズ、ドレッシングで食べる。ゆでて酢味噌和え、胡麻和えなど。若芽は天ぷら、粕漬けに。伸びた茎は皮を引き、煮物、油炒めに。


うどの天ぷら
★★★★★(よもぎの草餅を5つ星とする)


うどの葉
うどの新芽
イラクサ
野草のかき揚げ(人参、ヤブカラシ、玉ねぎ、うどの茎)


揚げ粉(米粉、水、塩)
米油





栽培されているうどは、芽が出ると茎を藁で覆われて、陽に当たらないようにして茎を白いまま成長させます。
そして、新芽と茎の白い部分を食します。収穫時期は4-5月。

一方野生のうどは成長と共に陽の光を浴びて、茎は緑色に変わっていく。
どんどんたくましく、硬くなっていくので、
食べられるのは背丈30cm位まで。




今回収穫したうどは背丈約1m。
一体、どの部位まで食べられるのだろう
と、
パーツごとに分解して指で押してみました。



土の中の白い部分/酢味噌か何かにしようと思います。問題なく食せそうです。

地上部下から80cm/硬くて食べる気になりません。

地上部下から80-100cm/新芽は今回の天ぷらに使いました。美味しく頂けました。

わき芽/今回の天ぷらに使いました。美味しく頂けました。

葉/夏の大葉サイズ位を選んで、今回の天ぷらに使いました。匂いもしっかりあり、美味しく頂けました。

脇の茎/ちょっと固いかな~  という微妙なところを、今回の天ぷら(かき揚げ)に使いました。
千切りにしましたが、

爪楊枝か??と思うほど、硬かった。。。。



その他、初兆戦のイラクサとヤブカラシ。
天ぷらでは問題なく頂けました。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
comment 0 trackback 0
06.24
Mon
IMG_6044.jpg


本日の収穫 6/24

今日は新入り、初挑戦がたくさんいます!!

右上大きいのから~時計回りに~


山うど
山うどの芽(わき芽)
黒豆(去年の収穫の残り)
イラクサ
カキドオシ
ヤブカラシ



山うど見つけて大興奮。

ちょっと時期遅れの今時期のうど。
一体どの部位まで美味しくいただけるでしょうか。。。。


一方で、
この子が美味しく頂けた暁には。

まだまだ大物が控えているのです。。。むふふ。。





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



comment 0 trackback 0
06.23
Sun
IMG_4964.jpg

初夏。。。。
秋の実りに向け、柿の木も小さな木の実をつけ始めました。
緑の小さなヘタと、
そこにくっつく小さな実。
まるで、お腹に宿った命に、少しづつ手足ができていくよう。


カキ


場所:
地に自生、又は栽培

時期:
果実-秋/葉-若葉の頃(5-6月)

薬用効果:
しゃっくり止め、しもやけ、皮膚のかぶれ、止血、火傷、遺尿、乳房腫痛、脳卒中予防、風邪予防、血圧降下、滋養強壮、夜尿症、かっけ、解毒など。


使用方法:
果実のへた、しぶ、葉を使用

煎法/へた8-10gをコップ2杯の水で煎じ服用(しゃっくりどめ、夜尿症)

内服/柿渋10ccをコップ1杯の水で薄め飲用(血圧降下、脳卒中予防に)

塗布/柿渋を薄めて塗る。(しもやけ、かぶれ)種子を黒焼きしたものを塗る(乳房の腫れ)患部に柿渋をつける(外相出血の止血、火傷に)

薬用酒/柿の葉酒-材料は葉を使用(脳卒中予防、風邪予防、かっけ、滋養強壮、鎮痛、皮膚の健康に)

その他/柿の実の甘味は果糖で、胃腸に負担をかけず、しかも吸収が早い。ビタミン類を多く含む良質の果実で、健康保持の為には貴重な存在の果実である。




柿の葉豆乳チャイ
★★★(よもぎの草餅を5つ星とする)

柿の葉(若葉を摘んで乾燥させたもの)
チャイマサラ(カルダモン、ナツメグ、シナモンetc....)
生姜
てんさい糖(お好みの砂糖)
豆乳


最近。。。。



紅茶のチャイではなく野草茶のチャイばかりいれている為、
チャイってこんなんだったのか?。。。。
若干わからなくなっているところがあります。
豆乳入れずにスパイスのみの方が美味しいお茶もあり。。。。

でも。。。。



チャイはインドの文化だから~


色々ミックス。
色々スタイルがありなのだと思います。
スパイスの調和さえ取れていれば。


IMG_6782.jpg


柿の葉茶は、そのままで美味しいです。


甘味がありすっきりして、きれいなピンクオレンジで。
自然農で栽培した紅茶の味を思い出しました。
程よいところを逃すと、苦くなるけれど。。。。。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


comment 0 trackback 0
06.19
Wed
IMG_1615.jpg

本日の収穫 6/13


先日降った恵の雨で、
畑のお野菜がぐぐっと大きくなりました。


ワッショイ、ワッショイ♫♫

同時進行、綱引きのごとく

害虫、雑草の繁殖、成長も盛んです。



最近なんでも口にするように思われてきていますが、
毎日生唾を飲んでいて。。。。


虫はいたって苦手なんですよ。。。。。


そういうわけで、
畑からの収穫も始まってきました。


右から時計回りに~

じゃがいも:除草中に出てきた去年の種からのいのち。

大葉:じゃがいもに同じ

フェンネルの茎:茎もピクルスの匂いづけなどに使えるらしい

チャイブ:友人畑の収穫(ありがとう!!)

セージ:上に同じ(ありがとう!!)

チャイブの種:上に同じ(ありがとう!!)

黒豆:去年の収穫の残り(要選定)

スベリヒユ

スギナ


友人の畑で育った、
とってもきれいなセージとチャイブを頂きました。
チャイブの種は、赤つめ草のようで、そのまんまで可愛らしい。

朝採りセージの手作りソーセージ。。。。

あああ。もちもちの天然酵母パンと
’うちの野菜’
で、はさみたいねえぇ。。。。




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




comment 0 trackback 0
06.13
Thu
IMG_4560.jpg


本日の収穫 6/13


今日の作業は、収穫と除草。


収穫すれば、お野菜のおこぼれが、農場からもれなく頂け、
除草すれば、畑のおこぼれ(雑草/野草)がご自由に頂ける。。。。。



結局、私には、どちらも’収穫’
になるわけで。。。。



本日は籠に乗りきりません。

満員御礼。



右から時計回り~

オレガノ
柿の葉
スナップえんどう
スベリヒユ
タイム
すぎな
(籠外)にんにく、水菜




今日も豊作です~

それにしても、立派にはびこったタイムは、にんにく畑から出てきた雑草で。


本日の収穫の2/3は、

たんたん!!

と、
軒下に吊るされました。
農家が収穫物を干しているこの光景も


なんだかあったかくて、

好きなんだな。これが。




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
comment 0 trackback 0
06.12
Wed
IMG_1971.jpg


先日お友達が採ってきてくれた大量の桑の実。

枝取りを半分終え、ジャム第一弾をこさえたところで、
残りはカビを生やしてしまいました。。。。

やはり、野草の命は早い。
採ったその日に調理すること。

これ、野草料理の鉄則であり、
本来は、他のお野菜もそうであることが、生き物のの命を一番輝かせて食べる食べ方なのだと思います。


名前:


場所:
山野に自生、栽培、日本全土

採取時期:
葉/4-5月
根/5-6月
実/7月頃

薬用効果:
顔がむくんだ時の利尿薬や緩下薬として用いられる。

消炎、利尿、咳止め、浄血、鎮痛、高血圧症、動脈硬化症、ぜんそく、肥満防止、便秘、滋養強壮、疲労回復、火傷、関節痛、脱毛防止。

使用方法:
根皮と葉は天日乾燥する。果実は生のまま使用する
煎法/根皮5-10gをコップ3杯の水で煎じ、一日3回にわけて服用(消炎、利尿、咳止めなどに)

茶材/乾燥した若葉を細かく刻み、急須に入れて熱湯を注ぎ、お茶代わりに飲む(高血圧症の予防、動脈硬化症、便秘、補血、強壮、咳止めなど)

薬用酒/桑の実酒(熱した果実)-強壮、疲労回復、浄血、動脈硬化予防
    ヤマグワ酒(根皮)-高血圧予防、疲労回復

塗布/乾燥した葉を粉末にして、ごま油で塗って幹部に塗る。(熱湯火傷)


食べ方:
果実を生食しても薬効がある。若葉を摘み、ゆでてから調理する。


*マルべりージャム(桑の実ジャム)*
★★★★★(よもぎの草餅を5ツ星とする)

桑の実
レモン
てんさい糖(お好きな砂糖)



お友達が焼いてくれたスコーンと、
自然に生きた桑の実ジャムと、
今が旬のぐみの実と、
好きなスパイスを入れた豆乳番茶イ。


なんだかヨギーな朝食なので、
ヨガマットの上で食べてみた。

朝の草むらで、誰かと食べたかったな~
ヨガしながら。。。。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




comment 0 trackback 0
06.11
Tue
IMG_1314.jpg


*野草ばくだん*
★★★★★(よもぎの草餅を5つ星とする)


久しぶりに、動物性、入りました。
今日は一日中身に何を入れるか考えていたような。。。。。。



マグロ
山芋
大根のピクルス(赤カブの酢漬けでピンクになった液を使った)
ぎしぎし
スベリヒユ
納豆
鰹節
うずらの卵
ゴマ
七味
醤油


スベリヒユ、ぎしぎし、
どちらもほど良い粘りがあります。

スベリヒユ
には、シャキシャキ感もあります。

オクラ、きゅうりのかわりに。


いーんじゃないでしょうか。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

comment 0 trackback 0
06.11
Tue
IMG_3482.jpg


本日の収穫 6/11


毎日の収穫に、
果実が仲間入りしはじめました。


学校のぐみの実が、美味しい色です。
10時と15時のおやつは、あこへ歩こ~♫♫



右から時計回りに~

ぐみの実
スベリヒユ
にんにくの芽
にんにく
のびる
ルッコラの種
ぎしぎし
ちんげん菜
20日大根



ルッコラの種は、今からしっかり’るっこら’の味がします。



インド料理でスパイスとして使われる’マスタードシード’。



アブラナ科の植物の’種’
だそうで、

このルッコラの種もスパイスとして、
あんな感じに使えそうです。


種を食べるって、植物の凝縮した命をいただく感じ。



ぎゅっと。


ぎゅっっ!!!




まるごと命。





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

comment 0 trackback 0
06.10
Mon
IMG_0168.jpg

本日の収穫 6/10

桑の実


昨日深夜に帰宅すると、
大量の桑の実のお土産がありました。

赤目塾の大地からの収穫。

木に登ってわさわさして、

きゃっきゃっ

と実を拾う

’赤目隊’の姿が連想され、


遊んだ連休の疲れが一瞬ふっとびました。


ご期待に答えて、ジャムこさえるよ~



けれども。。。。。

枝取り。



予想以上に大変だよ~ww




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

comment 1 trackback 0
06.06
Thu
IMG_8187.jpg


美味しい’


と、聞いていた’ギシギシ’・

やっと、どれだかわかりました。

野草の見分け方は、一度見て覚えてしまえば簡単なのですが、
本を見て探すのはなかなか難しい。。。。


一つ一つ、知識が増えてくると、

毎日の通勤路が食材の宝庫に変わってきます。

これがほんとの脇見運転。。。。


って。。。。




名前:
ギシギシ

場所:
道端、原野の湿ったところ


採取時期:
随時

薬用効果:
緩下、胃痙攣、皮膚病、湿疹、かぶれ、水虫、かいせん、便秘、たむし、耳痛、止血、胆汁の分泌促進
、強壮、抗菌
など。


使用法:
★乾燥した根、果実を使用

煎じる/乾燥した根10gを、コップ杯の水で、半量に煎じて服用。(緩下、便秘)
乾燥した根5-10gを、コップ3杯の水で煎じ、一日3回に分けて服用。(胃痙攣)

湿布/果実20gを煎じ、その煎汁で幹部を冷湿布。(湿布やかぶれの皮膚病に)

塗布/生の根をすりおろして、酢を混ぜて練ったものを幹部に塗る。(たむし、かいせん、しらくも、水虫、かゆみ、ただれなど、皮膚病全般に)
塗布/根を砕き、ごま油と混ぜ、耳中につける(耳痛に)

食べ方:
若芽を摘み、ゆでてみずにさらしてあく抜きしてから調理する。
おひたし、酢味噌和え、汁のみ、煮物、油炒め、即席漬けなど。ジュンサイのようなぬめりがあって、美味しいです。

IMG_4158.jpg


*ぎしぎしサラダ*

★★★★★(よもぎの草餅を5つ星とする)


ぎしぎし
きくらげ
ごま油
お酢
醤油
ゴマ
玄米水飴(砂糖で可)




即席であえてみました。
きくらげの歯ごたえと、ぎしぎしのぬめり。
癖がないので、色んな食材とのコラボレーションが楽しめそうです。

ぎしぎし殿。
早くも、私の野草クイーンに、任命します。
一年を通して順次収穫できるようで、
これまたお姫のお姫たるゆえん。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



comment 2 trackback 0
06.06
Thu
IMG_1750.jpg

本日の収穫 6/6

ハウス栽培メインの私の学校が、少しづつ力を入れている露地栽培(屋外の畑栽培)。
今年大きな割合を占めている、にんにくの栽培から、

第一弾。

’ニンニクの芽’

が、収穫されました。

蕾は天ぷらにすると美味しいらしい。



右から時計回りに~

にんにくの芽
ミント
チャービルの葉
のびる
コリアンダー(私の畑から)
ぎしぎし






ぎしぎしは。。。。。。


はまってしまいました。
すぎな王様、すべりひゆ女王、
おおばこ王子、


ぎしぎしお姫。


に、現在任命中。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
comment 0 trackback 0
06.04
Tue
IMG_7711.jpg


のびる



’のびる坊主’



ふらっ

ふらっっと


道端でゆれています。



のびるを畑にまいて、

のびる畑も悪くない。。。。。



名前:
のびる

場所:
土手、野原、畑の脇
捨てる場所。など。

薬用効果:
食欲増進、滋養強壮

食べ方:
生で味噌漬け(少し辛い)
ゆでて酢味噌和え、汁のみ、炒め物など。


春の代表野草です。




*のびるのピクルス*
★★★★(よもぎの草餅を5つ星とする)



のびる
-ピクルス液-
お酢
砂糖
唐辛子
ローリエ



先日ラディッシュ(20日大根)をつけたピクルス液を再利用しました。
ラディッシュから色が抜けて、きれいな紫色に。

のびるがそこに加わって、


優しいほのかなピンク色になりました。


お酒のおつまみに出てきたら、


ちょっとほっこりしませんか?



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
comment 0 trackback 0
06.04
Tue
IMG_1962.jpg


本日の収穫 6/4


右から~

スギナ
ふき
よもぎ
ぎしぎし
(左下)
20日大根&のびる


学校で、きれいなスギナが生える場所を見つけました。

持ち帰って家で広げても、


つやっつや~~

今時期のよもぎは、お茶用に乾燥させておくと良いです。



加えて、

’おいしい’
と噂の

’ぎしぎし’

は、


今日やっとどれだかわかりました。

むふふっ♫



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
comment 0 trackback 0
06.04
Tue
おおばこ

*おおばこにぎり*
*****(よもぎの草餅を5つ星とする)



どこにでも生えているおおばこ。
草刈をすると、生えてくる
若い葉っぱが柔らかいです。




生で食べるとしいたけの味がします。

ゆでるとしいたけ味は消えますが、
かわりにとってもエグく感じます。。。。


なので、さらに油を加え、火を加え、

あくよ飛んでいけ~~♫♫


ふりかけ風にしてみました。
食感が鰹節のような

ぎゅっぎゅっ

とした歯ごたえがあります。





おおばこ
ちりめんじゃこ
鰹節
ゴマ
麻の実
みょうがの茎(6/2の収穫)
○そのほか、生姜とか、唐辛子とかお好みでなんでも

醤油
みりん
お酒
ごま油

●付け合せ
イタドリの358漬け
しろ菜の塩麹漬け


汁気がなくなるまで炒めて、玄米ご飯に混ぜるだけ。


うーん。

いけますよ~♫♫


*オオバコの効用は後ほど



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
comment 0 trackback 0
06.02
Sun
IMG_0.jpg


本日の収穫 6/2

おおばこ
みょうがの茎


おおばこの葉は、生で食べるとしいたけの味がします。
ゆでてしまうとなくなってしまうみたいですが、
しいたけだ!!!!


と、
一瞬うれしくなります。


待ち遠しいみょうがの香り。ひと足お先に、根に近い白い部分が薬味として使えます。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
comment 0 trackback 0
06.01
Sat
IMG-1

*すぎなとあずきのスコーン*
*****(よもぎの草餅を5つ星とする)

薄力粉
すぎな(粉にしたもの)
マスコバト糖(黒目のお砂糖なんでも)

菜種油
豆乳
ベーキングパウダー(アルミニウムフリーのもの)
あんこ(砂糖を入れて煮たもの)



あんこが冷凍してあったので、混ぜてみました。
水分が多くなってしまったので、薄力粉で調節しました。
あずきを使ったほうがいいと思います。

参考のレシピはなかしましほさん。
出来立ては、表面サックリ、中しっとり。
ふんわり香ばしすぎなの香り♫

     





comment 0 trackback 0
06.01
Sat
IMG.jpg



*スベリヒユのナムル*
★★★★★(よもぎの草餅を5つ星とする)


スベリヒユ(軽く湯通し)
ごま油

醤油
ゴマ
にんにく(すりおろす)

しゃきしゃきした食感と、モロヘイヤのようなぬめり。
美味しいので食べ過ぎ注意です。

今度は野草ビビンバやってみよう。





comment 0 trackback 0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。